« 世界の水資源は一握りの大企業に支配されるのか | トップページ | メガバンクの環境方針 ―やりすぎなのか? 当然なのか?― »

[日本企業の内なる国際化]

日本の企業は近年海外への事業展開のほかに、組織内でのグローバル化が顕著になりつつあります。多様な国籍を持つ従業員を増加させる企業や、上司は日本人のままでも、ある日突然、外資による買収によって組織が欧米流のマネジメントで運営されることもあります。資本や市場、雇用のグローバル化によって、日本企業はかつてない「内なる国際化」の波に直面しています。

[外国人がなじめない、日本企業独特の理由]

このようなグローバル化のなかで、日本企業はどのような現状に直面しているのでしょうか。『ニューズウィーク 日本版』(4.27版)では日本企業で働く外国人がどう考えているかを示すアンケート結果を紹介しています[*1]
これによると、引き続き日系企業で働きたいと考える外国人はわずか25%しかいません。外国人が指摘する日本企業の問題点としては、主に企業風土とミスコミュニケーションがあります。

まず日本独自の企業風土が、賃金面への不安の次に多い問題点として挙げられています。朝の体操やオフィス清掃、社歌の斉唱、始業ベルなどが、外国人社員にとっては学校と同じように感じるようです。

また、企業風土の問題として、外国人の昇進を阻む見えない障壁や、不透明な意志決定プロセス、根強い女性蔑視の風潮がやる気や個性を失わせているという意見もります。

ある大手電子企業で働くヨーロッパ出身の社員は「時代遅れのビジネス手法に自分が洗脳され、他の企業では役に立たない人材になるかもしれないと不安になる」と述べました。


こうしたミスコミュニケションは、日本人同士の間でも起きることがありますが、同誌は昔から根強い異文化摩擦の最大の原因となっていると指摘しています。

同誌は、日本と海外のコミュニケーションの違いを次のように紹介しています。一般的な日本の職場では、見よう見まねで仕事を覚えることが重視されているが、活発な意見交換や具体的な指示がある職場環境に慣れている外国人は、自分の役割について明確な説明を望みます。また、同じアジア人の中でも、例えば日本人の「あの人は空気が読めない」という場合の「空気」という概念を理解できるのは、タイ人だけなのだそうです。

言葉が同じでも意図する内容が異なる場合、これもミスコミュニケーションを生みます。例えば「チームワーク」。アメリカ人の言う「チーム」は、個々の役割が異なるスペシャリストの集合体。これに対して日本人の言う「チーム」は個人の役割がはっきりせず、互いに助け合いながら目標を目指していくというものです。もちろんどちらが正しいということはありませんが、このように言葉の意味が異なることを理解することや、文化の違いを認識できる環境づくりの重要性が指摘されています。


[企業は変わらなければいけない]

グローバル時における「いい会社」は、人材の国際化をいかにプラス材料として企業の活性化に結びつけられるかで大きく変わってきます。優秀なスキルを持った外国人の力をどのように引き出し、チームワークを発揮しながら、互いに刺激を与え合う存在として共に働いていくかが問われるのです。国籍の異なる社員が協力しながら競争する「異文化競争」が、新しい時代の「いい会社」と「悪い会社」を隔てる重要な指標となりつつあります。同誌は「(グローバル化へ走り始めた日本企業が)置いてきぼりを食えば、世界中の優秀な人材から「村八分」にされかねない」という言葉で締めくくっています。


人材を単に国際化するだけでなく、いかに社内の異文化摩擦を「協争」という形でエネルギーに変換できるのかががグローバル時代を糧にする足がかりになるのでしょう。

■ニューズウィーク 日本版 4.27
「グローバル時代のいい会社 悪い会社 」


[*1] アンケート調査結果(抜粋)
日本企業の良い点について以下のような点が挙げられている

. 仲間と協力しあう(46人)
. モラルがよい(34人)
. 外国人に寛大(27人)
. OJTなどの始動が充実(21人)
. 優れたビジネスマナー(16人)
. プライベートも会社が支える(14人)

日本企業で困ったこととして以下の点があげられている

. 決断に時間がかかり不透明(35人)
. 勤務時間が長すぎる(30人)
. 会議の時間が長い(29人)
. 職場環境が快適ではない(23人)
. 給与や休暇に不満(23人)
. ビジネスマナーが面倒(21人)
. 自分の責務があいまい(21人)
. 多様性への認識が低い(17人)
. プライバシーに干渉しすぎ(12人)

※アンケート調査は、ニューズウィーク日本版とバイリンガル向け就職斡旋企ダイジョブ社が共同で3月に実施。現在または過去に日本企業で働いた経験のある外国人80人が、ダイジョブ社の英語版サイト(http://www.workinjapan.com)で回答したもの。複数回答あり。

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ