« [はみだしニュース]シェブロン、ナイジェリアでの人権侵害に関与!? / 産業パフォーマンスの向上が地域社会に利益をもたらす / スターバックス、途上国の飲み水を支援 | トップページ | [はみだしニュース]アジアナ航空パイロットのスト、政府が介入 / 香港ディスニーランド、地域住民から批判 / シスコ(中国)の株主、中国での人権方針策定を要求 »

●ムバイ周辺で石油掘削用プラットフォームの火災事故
8月24日午後、インドのムバイ周辺の石油掘削用プラットフォームで火災事故が起こり、4名が死亡、44名が行方不明となっています。石油掘削用プラットフォームはOil and Natural Gas Corp (ONGC)が所有しているものです。

チャイナ・ビュー(インド・ムバイ)2005.7.29

●2005年、中国炭坑ですでに2,672名が死亡
中国は石炭大国です。世界の石炭の35%を生産しています。しかし同時に、世界の炭坑における死亡事故の80%を中国が占めており、今年はすでに2,672名が死亡しています。昨年1年間の洪水、爆発、火事による死亡者総数が6,027名であることと比較しても、そのリスクの高さがわかります。

チャイナ・デイリー(中国)2005.8.12


●中国でP&G商品のボイコット、理由はキャンペーンガール
中国で、P&Gの商品の購買のボイコットを目的としたウェブサイトが立ち上がりました。ボイコットの理由は、同社が採用しているキャンペーンモデルで台湾人のLin Chi-ling (林志玲)さんが、「台湾は中国から独立するべきだ」という考えを明らかにしたためです。キャンペーンモデルを変更すればボイコットもやめるということですが、中国ではP&G製品が多くあり、ボイコットが成立するのかという疑問の声も挙がっています。

台湾ニュース(中国・台湾)2005.8.11

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ