« [はみだしニュース]アジアナ航空パイロットのスト、政府が介入 / 香港ディスニーランド、地域住民から批判 / シスコ(中国)の株主、中国での人権方針策定を要求 | トップページ | CSR報告書制作の次なる挑戦 »

●スウェットショップの変貌
巨大企業の脱スウェットショップ(搾取工場)運動が積極的に行われるなか、途上国にも変化が訪れています。ジャカルタ・ポストによると、最近のスウェットショップは小規模で隠れた場所に位置しており、ビックブランドよりはあまり名の知られていない企業の製品を製造していると伝えられています。

ジャカルタ・ポスト(インドネシア)2005.8.16

●ミャンマー労働者2,000名が日本へ上陸
日本関連のニュースです。毎年2,000名の労働者がミャンマーから送られることになりました。中小企業で技術トレーニングを受けるためです。これは、ミャンマー政府と日本政府との技術移転協定に基づくもので、国に認定されたミャンマーの仲介業者がこのプログラムへの参加者を選定します。

ジャパン・タイムズ(日本~ミャンマー)2005.7.25

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ