« 日本人の自負心は低い | トップページ | [はみだしニュース]GRIの第3世代ガイドライン(G3)の最新動向 / 地球温暖化が紛争を生む / ウォルマート、新たな裁判がスタート »

●セリーズとACCA、報告書アワード募集受け付け開始
セリーズとACCAが行う報告書のランキング、『2005 Ceres-ACCA North American Awards for Sustainability Reporting』 への受付が開始されました。〆切は2005年11月04日です。

セリーズ(グローバル)2005.9.28

●アカウンタビリティ・レーティングの発表
アカウンタビリティ社とCSRネットワークが共同開発したアカウンタビリティ・レーティング(企業のアカウンタビリティ度の格付け)がフォーチュン誌の『グローバル100』で発表されました。同格付けは、企業がビジネスを行う上でどの程度非財務的な分野に対して真摯に考慮しているかを数値化したものです。アカウンタビリティ社のサイモン・ザデック氏によると、同格付けは、企業の善し悪しを決定するものではなく、責任のあるマネジメントをし、今日の社会・環境分野の問題を強く意識することが明日のビジネスの価値を生むという認識を企業がどの程度持っているのかを示すものだと説明しています。トップがBP、次いでシェル、ボーダフォン、HSBC、カルフール、フォード、東京電力、Electricite de France、プジョー、シェブロンがランクインしています。

ワン・ワールド(グローバル)2005.9.24
CSRwire(グローバル)2005.9.23
CSRwire(グローバル)2005.9.22


●DJSI米国が設立
米国の社会的責任投資(SRI)に大きな影響を与えるニュースです。ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)の米国版が北米国で設立されました。今まで米国市場はDJSI World Indexに入っておらず、孤立状態でした。今後は現在既に組み入れが決まっている米国の93企業にDJSI North America として北米企業18社(カナダ)が加わり、合計で111企業が名を連ねることになります。大きな前進を遂げたDJSIの、今後のSRI分野への貢献に期待が膨らみます。

ソーシャル・ファンズ(グローバル)2005.9.23

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ