« [はみだしニュース]貧困層への援助を阻む汚職 / 中国で同性愛の授業がスタート / スターバックス、水の次は教育への援助 | トップページ | [はみだしニュース]ネスレの深刻な労働運動 / ニューモント、訴訟棄却ならず »

●職場での食生活で企業の生産性が左右される
ILO(国際労働機関)は、職場で貧しい食生活を送ることは、国単位で見ると生産性を20%落としていることになると発表しました。貧しい食生活とは、太りすぎや肥満の原因となるような食生活と、途上国などでの栄養不足の両方を指すということです。

ザ・ヒンドゥ(インド・ニューデリ )2005.9.19

●127名のバングラデシュ労働者、7年越しの勝訴
マレーシアで働くバングラデシュからの移民労働者127名は、超過労働の報酬や昇給、その他の利益還元を行わなかった契約違反であるとし、マレーシア企業に対して訴訟を起こしてきました。7年にも及んだ訴訟の決着が、ようやく付いたようです。

ザ・ファイナンシャル・エクスプレス(マレーシア/バングラデシュ)2005.9.12

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ