« 一生を通してできること、できないこと | トップページ | [はみだしニュース]ISOによるCSR規格化の動向 / ウォルマート、児童労働発覚後の対応に関する論争―契約解消が最善策か? / デュポン、環境に最も優しい企業―ビジネス・ウィーク »

●COP11、モントリオールで気候変動への新たな枠組み模索
カナダのモントリオールで11月28日から12月09日まで国連気候変動枠組条約の第11回会合 (COP11)が開催されました。この会合は2005年02月に発効した京都議定書の第一回会合でもあり、この会合は2012年以降の国際温暖化対策の次のステップのための政府間交渉を始めるものと同議定書に定められています。12日間にわたった会議には8,700人が参加しました。今後の方針や、CDM(クリーン開発メカニズム)の機能向上や、新たなJI(合同実施)事業の合意など重要な局面が見られます。

WBCSD(グローバル)2005.12.8

●世界汚職ランキング、ワースト一位はアフリカ、チャド
12月09日は世界汚職防止デーです。汚職問題の専門家、トランスペアレンシー・インターナショナルが2005年度のレポートをまとめました。ワーストランキングのトップに挙がったのはアフリカのフランス語圏に属するチャドの首都、ウンジャメナ政府でした。国単位でもチャドがバングラディシュ、トルクメニスタン、ミャンマーを抜いてワースト一位でした。世界の汚職国を特定することは不可能ですが、このランキングは158カ国で行われている汚職行動に対する各国専門家の認識をもとにした調査といえます。専門家の調査はエコノミスト・インテリジェンス・ユニット (EIU)や世界経済フォーラム(WEF)、国連アフリカ経済委員会といった機関を通しても行われています。

エシカル・コーポレーション(グローバル)2005.12.9


●HIV/AIDS、企業エンゲージメントの前進
12月01日は世界エイズデーです。企業責任センター(ICCR)のコメントから、2005年は、2004年に比べ、インテルなどの企業から積極的な支援があったことが強調されています。

ソーシャル・ファンド(グローバル)2005.12.1

コメント (1)

はじめまして。NETAXISの平田と申します。
まことに勝手ながら、ブログにて「企業エンゲージメント」について調べた際にこちらのブログとリンク/紹介を書かせていただきました。
少し前の記事にコメント残すのも失礼かと思いましたが、ご報告させていただいたほうがいいと判断しましたので、コメントさせていただきました。
下記URLです。
http://netaxis.blog69.fc2.com/blog-entry-400.html#more

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ