« [はみだしニュース]石油大手BHPビリトン、国連の不祥事に関与? / ブッシュ大統領:中東の石油依存を懸念、代替エネルギー活用に意欲 / IT産業(ICT)、サステナビリティ分野への進出は準 | トップページ | 「世界の持続可能な企業トップ100」を巡る論争 »

●英ブレア首相、気候変動の脅威増加を確認
英国インディペンデント紙によると、英国のトニー・ブレア首相は、世界の気候変動は、従来想定していた以上に深刻な影響を与える可能性があると認めるコメントを発表しました。この発表の背後には、世界の著名な科学者が示した、科学的証拠があるとされています。

WBCSD(英国)30 Jauary 2006

●ウォルマート、持続可能な漁業への宣言
2005年10月、環境・社会責任への取り組み宣言を掲げたウォルマートの続報です。ウォルマートは、同社が北米市場で扱う水産物を全て海洋管理協議会(MSC)が定める、「持続可能な漁業のための原則と基準」を満たしたものにすることを発表しました。これにより、北米消費者は近い将来、MSCが発行するブルーエコラベルが張られている商品を手にすることができるようになります。

WBCSD(米国)1 February 2006


●中国政府の環境破壊との戦い
中国政府は、数百万人が拠り所とする河川の水を毒物で犯す事件が国内で頻発していることから、更なる事故防止のために奔走しています。活動の中心を担う湖南省環境保護局長は、特に、湘江流域に位置する50から60の小規模工場の視察を行いました。視察先工場は、半導体や液晶ディスプレーの製造に使用される金属製のインジュウムを生産している工場に限定されています。

WBCSD(中国)27.Jan.06

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ