« サステナビリティ報告書のゆくえ―ロンドンでのGRI-G3草案説明会 | トップページ | 「こころ温まるもの」 »

●アジアのCSR―ネパールの場合
ネパールで開催されたCSR会議では、企業に求められていることとして、より良い、そして安全な労働環境を確保すること、汚職の撤廃、人権に対する認識の確立、環境持続性の維持が挙げられています。ちなみに、ネパールにおけるCSRの定義は「企業が持続可能な経済発展への貢献を約束することであり、従業員とその家族、地域社会や広義の社会との協働を通して生活の質(QOL)向上に貢献すること」と定義されています。

Gorkhapatra Sansthan(ネパール)29.Jan.06

●最適な太陽光の利用は「熱湯」、ブラジルで実証
太陽光から電気を作る技術は、コストが高いという課題があり、未だに広範囲の普及が難しいとされています。しかし、太陽光を利用して水から熱湯をつくることは、低コストで実現可能です。既に多くの国で普及しているこの活用方法は、特にブラジルで広範囲に適用されています。

WBCSD(ブラジル) 1.Feb.06

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ