« [はみだしニュース]アジアのCSR―ネパールの場合 / 最適な太陽光の利用は「熱湯」、ブラジルで実証 | トップページ | 飢餓人口が増え続けている »

最近随分寒いですが、風邪など引かれていませんか?

トリノオリンピックが華々しく始まり、少しは寒さを忘れられるのではないでしょうか。 前回ご紹介したスピーチが好評でしたので、今回は、喜多村素子さんの本をご紹介します。

これは、以前、私がひどく落ち込んでいた時、湘南に住む妹が送ってきてくれた小さな本です。 家族の温かさに触れた瞬間でした。家族って、いいですね。
寒さはどうにもなりませんが、その分、こころは温かくしておきたいものです。

「いつも元気なあなたへ」

いつも 元気な あなた だけど
時には 道に迷ったり 疲れてしまう ことだってあるよね
悲しくてつらくて 進めない時もある
自分をとりまくもの いえいえ 自分自身にさえ 吹き飛ばされそうになったり
ふと 孤独に 感じて しまったり

そんな時は ちょっと ひと休み
美しいものを ながめたり
大きく深呼吸して 気持ちを 全部 はき出してみよう
心の声に 耳をすまし

ゆっくりと

ゆっくりと

疲れたぶんだけ ゆっくりと
時がたてば きっと すべては大切な時間と思えるから

そして どうか忘れないで 私がいることを
ひとりじゃないよ
時期が来て また 元気になったら
もっと もっと 軽やかに 走っている あなたがいるはず

『いつも元気なあなたへ』喜多村素子2004学研トイホビー

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ