« [はみだしニュース]2015年、飢餓人口100万人増 / 途上国で携帯電話が急激に普及 / ミネラル・ウォーターがエコシステム破壊を促進 | トップページ | [はみだしニュース]香港ディスニーランド、死亡した高齢者の家族が訴訟 / 中国陜西省で廃アルカリ液が流出 »

●ジョン・エルキントンという人物
「トリプル・ボトム・ライン」の提唱者であるジョン・エルキントン氏は、30年以上サステナビリティ社の所長を努めてきました。30年経った今も、持続可能な社会を実現するべく、環境や社会的な問題に取り組むパッションを忘れていません。

WBCSD(英国)Feb.06

●ニューモント訴訟、ついに決着
米系企業ニューモント社のインドネシアで行っている金採掘事業で、水銀を長期に渡って流出させ、周辺住民の健康を害したと、インドネシア村民が政府を巻き込んで訴訟を行ってきました。サステナビリティ・コミュニケーション・ニュースでも何度も取り上げてきましたこの問題は、法定外取引でニューモント社が3,000万米ドル(約300億円)の支払いをすることで決着が付きました。

BBC(インドネシア)16.Feb.06


●ビジネスマンの「ストレス」ランキング
世界30カ国のオーナー経営者7,000人を対象にした調査結果によると、昨年よりストレスを感じているオーナー経営者は、2004年の39%から57%に増加していることがわかりました。東アジアは引き続き世界で最もストレス度が高い地域になっています。これは、休暇が十分取れていないことに要因があるようです。同調査は、グラント・ソントン会計事務所が行ったもので、今年で4回目となります。

New Straits Times(中国)12.Feb.06

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ