« 観光と人権、ヒューマントラフィッキング防止のためのCSR | トップページ | 代替エネルギー市場のメリット・デメリット »

世界銀行グループに属する国際金融公社(IFC)は、生物多様性に関する情報提供を行うウェブベース・ガイドを立ち上げました。これは、振興市場で活動する企業が、生物多様性についての理解を深め、適切に管理し、利益に繋げる活動を支援することを目的としています。振興市場は、生物多様性において世界的に重要な資産を持つ地域が多く占めることから、生物多様性条約の締約国の会合で発表されました。


IFC Launches Web-Based Private Sector Guide to Biodiversity

国際金融公社のホームページ(A Guide to Biodiversity for the Private Sector)

Who Has Access to Biodiversity?
発展途上国側からも積極的に生物多様性を保護しようとする動きが活発になってきています。

UN to launch biodiversity programme
同じく、国連環境計画(UNEP)でも生物多様性に関する新たなプログラムが立ち上がっています。

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ