« 中国政府、「全て」の小規模炭鉱工場を閉鎖へ | トップページ | 国連 「責任ある投資原則 (PRI)」――日本金融機関4社が参加 »

2年後にどこよりも早く「水資源保護」と「エネルギー効率目標」を同時に達成する都市は、カリフォルニアである。という宣言を専門家が行いました。これは、カリフォルニア州立エネルギー委員会、カリフォルニア公共サービス委員会、水資源省、カリフォルニア独立システム・オペレーターが集まるシンポジウムで発表されたものです。もともと水資源が乏しい土地が人口増加に伴い、エネルギー資源、水資源ともにその供給に限界が見えてきた西海岸では、水資源利用とエネルギー創出が重点課題となっていたという背景もあるようです。


Californians explore link between water, energy conservation

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ