« 英国が11年ぶりの干ばつ宣言、新たな水供給源は「氷山」 | トップページ | 米大手保険AIG、米国業界初の環境方針を発表 »

カナダ外務省国際開発センター(IDRC)と英国国際開発省(DFID)は、今後5年間をかけて気候変動がアフリカ大陸に与える影響と、その影響への最善の対処法を調査するため、6,000 万米ドルの投資を決定しました。同調査の主体は、アフリカ気候変動適応プログラムですが、IDRCとDFIDが共同出資する形になります。

科学者の予測では、気候変動は特にアフリカ大陸では顕著な天候変化をもたらし、洪水、干ばつ、土壌浸食、農作物の不作がより深刻になるだろうとされています。プログラムの目的は、来るべき変化に対してアフリカ諸国が対応能力持ち、科学的に証明された証拠をもとづいて政策を行うための支援です。


US$60 million to research African climate change

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ