« FSC認証が与える環境・経済・社会への「悪影響」——ウルグアイの場合 | トップページ | コミュニティ開発金融機関 (CFIs) の躍進 »

北京で働く地方労働者が、勤務先の韓国企業 (建設業) に対して未払い賃金を請求したところ、労働者100人が暴行を受けたと地元のニュースが報じています。労働者は、未払い賃金について雇用主との話し合いに向かう途中、70人の鉄棒やチェーンを持った男性の集団に襲撃されたと語っています。


Workers beaten in pay dispute

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ