« メキシコ政府とWBCSD、新規市場開発プロジェクトで合意 | トップページ | 韓国企業LG、日本企業の広告盗用疑惑 »

イギリスのSRI調査機関EIRISの発行したレポート(「責任投資の範囲を広げる: 新興市場国50社の分析 (Broadening horizons for responsible investment:an analysis of 50 major emerging market companies)」 のなかで、これまで敬遠されていた新興国企業へのSRI的視点からの投資に関して、十分可能性があることがわかりました。このレポートでは、先進国でのベスト・イン・クラス・アプローチと、伝統的なネガティブ・スクリーニングとを融合させています。新興国での企業活動はCSR的な基準に達することはないと考えられていましたが、今後、この手法を新興国のスクリーニングとして利用することで、新興国のなかでも、特に積極的に情報開示を行っている国・企業に対するSRI活動が可能となることを指摘しています。

Emerging Markets Emerging as Socially Responsible Investing Opportunities

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ