« 国連グローバル・コンパクト、335企業をリストから除外 | トップページ | 投資家がリスク開示を企業に要請、ガイドラインを作成 »

米グーグルは、社内に太陽光発電設備を導入することを発表しました。この設備が導入されると、米国最大となるといわれています。太陽光パネルはシャープ製で、プロジェクトが開始すると、9,212パネルが使われることになります。設置場所はほとんどが屋根で、発電したエネルギーはグーグルオフィス内で消費されるエネルギーの一部となります。

Google to House Largest U.S. Corporate Solar Installation


●米国シンクタンクのワールド・リソース・インスティテュート(WRI)が、企業や店舗向けにクリーン・エネルギーの導入のための支援を始めました。
WRI Offers Green Energy Advice for Offices and Stores

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ