« 香港:コーポレート・ガバナンス調査 | トップページ | ペプシコ、コカ・コーラ、リサイクル率トップ: リサイクル・スコアカード »

エコプロダクツ2006にて同時開催されるセミナーをご紹介いたします。

■ テーマ
新しい環境コラボレーション「地域連携」を考える
~「日本環境経営大賞」受賞事例をもとにして~

■ 趣旨
 CSR(企業の社会的責任)のひとつとしての環境経営取組の成果が一層求められるなか、環境コミュニケーションの重要性が増しています。各企業は、コミュニケーションのツールとしての環境報告書やCSR報告書の作成、ステークホルダーミーティングの開催等、様々な取組を進めています。とりわけ、最近は企業やNPO、住民、行政などの地域の各主体と協働・連携しながら環境保全活動を推進するケースが多くなってきました。
 今回のセミナーでは、三重県が平成14年度より実施している「日本環境経営大賞」の受賞事例をもとに、地域連携のあり方やその具体的手法等について考察していきます。


(1) 開催日 12月15日(金)13:30~16:10(受付 13:00~)
(2) 会場  東京ビッグサイト会議棟 609会議室
   ※会場アクセスは、こちらをご覧ください。
(3)基調講演
NPO法人 社会的責任投資フォーラム 代表理事・事務局長 後藤敏彦氏
 (日本環境経営大賞表彰委員)

(4)コーディネーター
(株)ニッセイ基礎研究所 保険研究部門 上席主任研究員 川村雅彦氏

(5)プログラム
13:00~13:30 受付
13:30~13:40 開会スピーチ 【東京大学生産技術研究所教授 山本良一氏】
13:40~14:20 基調講演
14:20~14:30 休憩
14:30~16:10 パネルディスカッション
16:10 閉会


「三重県が環境経営サロン」の詳細・お申し込みはこちらへどうぞ

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ