« CDP、サプライチェーン報告書を発表;アンケート回答率は前年比40%増 | トップページ | 家具大手のイケア、風力発電所を建設へ »

米ウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo & Company・金融業)は先週、中国のBaoding Tianwei Groupとの間で、米国における太陽光発電プロジェクトの開発や建設に関する戦略的提携契約を結びました。

同提携にはBaoding Tianwei Groupのハワイ子会社Hoku Corporationへの資金的支援も含まれています。Hoku Corporationの子会社は米アイダホ州にてポリシリコン製造施設の建設を手がけており、(同提携により)米国内で500人の雇用創出、環境配慮型商品を全世界に提供できるこようになります。

契約締結は中国の胡錦濤主席の米国訪問にあわせ、1月18日にノースカロライナ州にて両社の代表者の出席のもと行われました。


財務面の詳細は明らかにされていません。


Chinese Firm Focuses On Solar Energy In America
CSRChina
January 25, 2011

●ウェルズ・ファーゴのプレスリリース
 Wells Fargo, Baoding Tianwei Group To Explore Strategic Cooperation in Renewable Energy

●関連ニュース
 Wells Fargo, Baoding Tianwei Group to explore strategic cooperation in renewable energy







[関 智恵]

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ