« CSR報告書、金融業界には新たな取組みが必要 | トップページ | CSR報告書にクラウドを活用:SAPの新商品 »


2012年11月6日、米国大統領選が行われ、(詳しくはこちらをご覧下さい。「2012年アメリカ合衆国大統領選挙」(ウィキペディア))民主党現職のバラク・オバマ氏が共和党候補のミット・ロムニー氏を破り再選されました。両候補者の気候変動政策に関する意見はどのようなものだったのでしょうか。ソーシャル・ファンドでフォーブス誌の特集記事に関して取り上げられていますのでご紹介します。

最終的にはオバマ氏が再選されたわけですが、サステナビリティ産業にとっては前向きな結果であったということができそうです。


【 両候補者とも寄与しない 】

経済誌フォーブスが10月にどちらの候補者がよりCSRの促進に寄与するか(「Which Presidential Candidate Will Increase Corporate Responsibility?」)について、企業幹部へのアンケート調査をもとにした特集を組んでいましたが、結論としては両候補者ともに寄与しないだろう、としています。経営者は企業戦略として企業の利益をもたらす目的でCSRに取組むのであり、政府規制に対応する目的では行わなっていないから、というのが理由です。

CSR報告書は現在、自主的な取組みとして位置づけられており規制されていないため、この結論はある意味真実といえるでしょう。しかし、米SIF(社会的責任フォーラム)代表のLisa Woll氏が2011年に言及したように、「われわれは今後40年を、カーボンフットプリントの削減や環境負荷の軽減の促進のために費やす可能性もあるし、もしくは、それを取り締まる規制をつくる可能性もある」のです。また、セリーズ代表のMindy Lubber氏が年頭にこう警告しています。「サステナビリティはまだわれわれが直面する全世界的な危機に対応するために必要な規模にも達していないし、その勢いも足りない」。


【 ある程度の成果を残したオバマ政策 】

それでは、オバマ氏とロムニー氏のどちらが持続的な発展に向けた環境・社会への取組みの促進と、金融危機からの回復のための取組みとの両立を重視しているのでしょうか。

最近米国を襲ったハリケーン・サンディのように、気候変動は今日われわれが直面している最も重要なサステナビリティ課題ともいえます。オバマ氏の気候変動に関するこれまでの発言は環境活動家にとっては好ましくないものかもしれませんし、今年の大統領選討論のなかでも触れられていません。この事実は、短期間に意義深い行動を起こす障害のうちのひとつとして、常に「政治」があることをわれわれに思い起こさせます。

しかし、野心的な経済目標が掲げられ、環境保護省(EPA)が水銀および温暖化ガスの排出状況に関する報告を新たに義務付けました。オバマ氏が実施した2009年の景気刺激策で再生可能エネルギー技術および風力エネルギー分野に特に900億米ドル相当が流れました。


【 立ち位置が不明確なロムニー氏 】

一方、ロムニー氏の気候変動に対する立場は判断しがたい微妙な位置にいるといえます。2010年、同氏は「気候変動は現実に起こっていると信じている。世界の氷河の減少は無視しがたい事実。そしてそれは人間の活動の結果によるものだと信じている」と言及しています。

にもかかわらず、ロムニー氏は続けて、「米国のキャップアンドトレード(排出量取引)の義務化のような、一方的で急進的で自己満足的な政策は支持しない」とも述べており、また、「このような政策は気候変動の抑制に殆ど効果をもたらさないばかりか、全世界の人々にとって破壊的な結果を伴う欠陥経済を助長する可能性がある」と指摘しています。

さらに一方で、2011年の共和党候補選挙では、「私は、気候変動の原因は解明されていないと考えている」と言及しているのです。


【 サステナビリティ投資家から評価を得た「オバマケア」の廃止を語るロムニー氏 】

オバマ氏は気候変動に関してあまり積極的でないことでよく批判を受けてきました。オバマ氏が強力な金融機関トップとの関係への依存度が高いことも懸念されています。しかし、医療分野だけはサステナビリティ投資産業からの幅広い支持を受け積極的に改革を推進してきました。例えば、2010年に成立したAffordable Care Act(米医療保険改革法)が挙げられます。これにより医療保険サービスを受けられる米国民一億人まで拡大されることになりました。

前マサチューセッツ州知事のロムニー氏は、いまでは「オバマケア」として広く知られる同制度改革と多くの点で類似した医療制度を知事時代に成立させきたものの、大統領候補としては、当選した翌日から米医療保険改革法の廃止を目指すと述べているということです。

最終的にはオバマ氏が再選されたわけですが、サステナビリティ産業にとっては前向きな結果であったということができそうです。


For Sustainable Investors, Obama or Romney?
November 05, 2012
SocialFunds.com






[関 智恵]

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ