« 中国政府の環境報告の95%が偽造――中国NGOが指摘 | トップページ | 『中国企業社会責任研究報告2012』の日本語版をはじめて販売 »


CSRNewsは、2013年2月のエントリー・配信をもって終了いたします。
長い間ご愛読いただき、本当にありがとうございました。

CSR情報につきましては、CSR情報サイト「CSRコミュニケート」にて発信しております。
ぜひこちらへ会員登録(無料)をお願いいたします。

※「CSRNews」を引き継ぐコーナーは現時点(2013年2月現在)ではございません。

◆◆◆

読者の皆様へ

長い間ご愛読いただきましたCSRニュースは、今回をもって最後となりました。2004年から関わらせていただいたCSRNewsですが、あっという間に9年がた経ちました。
環境報告書からCSR報告書への移行期を経て、今ではアニュアルレポートにもCSR情報が掲載されるようになり、9年前とは様変わりしました。このような激動期において、同CSRNewsが微力ながら、皆様の海外におけるサステナビリティ動向の情報収集活動を支えることができたのであれば、同プロジェクトは意義があったのではと思います。9年という長い間、CSRNewsをご愛読いただいた皆様へはもちろん、また、同プロジェクトにコミットしていただいたゼネラルプレス様(現:シータス&ゼネラル・プレス)にも大変感謝しております。

今後、日本においてCSRサステナビリティは、従来から続いてきた「三方良し」の概念とともに樹木が地中深く根を張るように企業の根底に浸透していくのだろうと思います。一方で、中国や新興国における投資評価にも重要な役割を果たすようになっていくことでしょう。

現在は香港を拠点に活動しておりますが、今後も引き続きサステナビリティCSR分野には関心を高く持って行きたいと考えております。お手伝いさせていただけるようなことがあればご遠慮なくご連絡・ご相談いただけたらと思います。

それでは皆様、お元気で。そして、ありがとうございました。

2013年2月
関 智恵 (連絡先: tomoeseki511(アットマーク)gmail.com)

コメントを投稿

※ブログの管理者が公開を承認するまでコメントが反映されない場合がありますので、ご了承ください。

このページのトップへ