get('status') == 't'){ //会員データが削除されていないか確認 if($login->isMember($wpdb)){ //閲覧ログの発行 $login->log($wpdb,$_SERVER['REQUEST_URI']); }else{ //会員データが削除されている //ログインセッション及び自動ログインCookieの削除 LIB::delAutoLogin($wpdb); unset($_SESSION['login']); } } }else{ // ログインセッションが存在しない //ログインCookieによる自動ログイン $member_id = LIB::isAutoLogin($wpdb); if($member_id){ $login = new LOGIN($config); $result = $login->cookieLOGIN($wpdb,$member_id); if($result){ $login->login_count($wpdb); $_SESSION['login'] = serialize($login); }else{ //自動ログインCookieの削除 LIB::delAutoLogin($wpdb); } } // ログイン前提のページセッションがなければリダイレクト if(is_page(array(MEMBER_UNSUBSCRIBE,MEMBER_EDIT))){ header('Location: /'); } } ?> CSRコミュニケート » 米国環境保護庁により2011年度ENERGY STARパートナー・オブ・ザ・イヤーに銀行として唯一、シティが指名される(2011/4/7) » Print

- CSRコミュニケート - https://www.csr-communicate.com -

米国環境保護庁により2011年度ENERGY STARパートナー・オブ・ザ・イヤーに銀行として唯一、シティが指名される(2011/4/7)

海外CSRリリースセレクト | 2011/05/10

citigroup

ニューヨーク―( ビジネスワイヤ [1] )― 米国環境保護庁(EPA)はシティグループ(Citigroup)を2011年度ENERGY STAR®パートナー・オブ・ザ・イヤー(Partner of the Year)に指名した。シティ(Citi)は今年、エネルギー効率の向上を通じて環境保護に著しく貢献した組織に対して贈られる、この名誉ある賞を受賞した唯一の銀行である。

ENERGY STAR

「シティの着実なエネルギー管理プログラムは国家的モデルであり、エネルギー効率を高める事によって気候変動に取り組む方法を立証しています。効果的なエネルギー管理は収益向上に役立つだけでなく、最も費用効果の高い気候戦略でもあるのです」と、EPA大気計画局(Office of Atmospheric Programs)のエリザベス・クレイグ(Elizabeth Craig)局長代理は述べた。

パートナー・オブ・ザ・イヤー受賞者は、ENERGY STARプログラムに参加する1万7千以上の組織の中から毎年選ばれる。EPAは4月12日にワシントンD.C.で開かれる授賞式において正式に2011年度受賞者を発表する。

「ENERGY STARと銀行は密接な関係にあります。環境フットプリントを減らすために私たちができる事を行う責任が、私たちにはあると考えています。EPAは、どのような産業であれ企業は役割を果たすべきであり、シティのような規模の企業は革新的なプログラムや従業員のエンゲージメントを通じて気候変動に大きな影響をもたらす先導者となれる事を認識しています」と、シティのチーフ・アドミニストレィティブ・オフィサー兼チーフ・オペレーション・テクノロジー・オフィサーのドン・キャラハン(Don Callahan)は述べた。

シティのENERGY STARプログラムにおける成果:

  • 7,800万平方フィートに及ぶ世界中の施設全体で、2009年水準と比べてエネルギー消費を7.3%、温室効果ガス排出を6.3%削減。
  • 2010年には12の施設がENERGY STAR基準を満たし、2008年以来、合計67施設が基準を満たしている。
  • 継続的事業において米国でのエネルギー消費を2009年水準から8.5%減らし、110ギガワット時以上の節約を達成(米国の1万世帯以上の年間消費電力を十分賄える量に相当)。
  • 業務の効率化によって世界中で年間1千万ドルを超えるエネルギー節約。

シティは、気候変動抑制およびエネルギー依存軽減のための取り組みにいち早く公式に参加した、世界的な金融サービス企業の1つであった。同社は2006年に自社ビルの環境に対する影響測定を開始し、最初の環境フットプリント削減目標を発表した(2011年末までに温室効果ガス排出を10%削減)。

2010年、シティ・リアルティ・サービス(Citi Realty Services)は2015年に向けての追加目標を定める事により同社の目標をさらに拡大した。これには次のものが含まれる。すなわち、建物からの温室効果ガス排出の25%削減、廃棄物の40%削減、水道使用量の15%削減、そして同社の不動産全体の15%が米国グリーンビルディング協議会(Green Building Council)によるLEED(Leadership in Energy and Environmental Design:建築物の環境性能評価指標)認証を受ける事である。

今回の受賞はシティの環境への取り組みに対してこれまで贈られてきたさまざまな賞の中で最も新しいものである。この2年間でシティはNewsweek、Bank Technology News、IDGのComputerworldなどにおいても表彰されている。

シティについて

シティは、約2億の顧客口座を有し、世界160以上の国および法域に展開する世界有数のグローバルな金融機関である。シティコープおよびシティ・ホールディングスを通じて、シティは、顧客、企業、政府および機関投資家を対象として、個人向け銀行業務、消費者金融、法人・投資銀行業務、証券業務、トランザクション・サービス、資産管理の分野において、幅広い金融商品やサービスを提供している。
詳しくは、 http://www.citigroup.com/ [2]を参照。

ENERGY STARプログラムについて

ENERGY STARプログラムは1992年、EPAにより、温室効果ガス排出やエネルギー使用に伴うその他の汚染物質を減らすための自主的な市場ベースのパートナーシップとして導入された。現在、ENERGY STARラベルは60種類を超える製品、また新たに建築された住宅やビルにも付いている。昨年1年間だけでも、米国の人々はENERGY STARプログラムのおかげで180億ドルの光熱費を節約する事ができ、自動車3,400万台分に相当する温室効果ガス排出を防止した。ENERGY STARマークの付いた製品、住宅、ビルは、EPAが設けた厳格なエネルギー効率仕様を満たす事によって排出を防止している。
詳細については http://www.energystar.gov/ [3]を参照。

写真/マルチメディアギャラリー:
http://www.businesswire.com/cgi-bin/mmg.cgi?eid=6674948&lang=en [4]


CSRコミュニケート: https://www.csr-communicate.com

ページのURL: https://www.csr-communicate.com/international-news/20110510/csr-23939

ページ中のURL

[1] ビジネスワイヤ: http://www.businesswire.com/portal/site/home/

[2] http://www.citigroup.com/ : http://www.citigroup.com/citi/homepage/

[3] http://www.energystar.gov/ : http://www.energystar.gov/

[4] http://www.businesswire.com/cgi-bin/mmg.cgi?eid=6674948&lang=en : http://www.businesswire.com/portal/site/home/permalink/?ndmViewId=multimedia_detail&eid=6674948&newsLang=en

[5] インターグループ: http://www.intergroup.co.jp/

Copyright © 2009-2011 CSRコミュニケート. All rights reserved.