海外CSRリリースセレクト

海外CSRリリースセレクト記事

バックナンバー一覧

FedExが作る魔法の森(2012/6/14)

FedExはフェイスブックユーザーに、干ばつの被害を受けたテキサスに10万本の木を植えるための支援を呼びかけている

FedEx

テネシー州メンフィス ―( ビジネスワイヤ )― 魔法の森をテーマにしたコマーシャル をきっかけに、FedExはアーバーデイ財団と協力し、フェイスブックの新しいアプリケーションを使い、バーチャルの 「魔法の森(Enchanted Forest)」 を作ることになった。昨年、テキサス州で干ばつと山火事の被害を受けた地方での植林を支援するために、FedExはフェイスブックユーザーがバーチャルの木を1本植えるごとに1ドルをアーバーデイ財団に寄付する。寄付総額は木10万本に相当する10万ドルである。

さらに、今月からFedEx Office®ストアで、魔法の森のコマーシャルに登場するカエルのキャラクター、ボー(Bo)の人形を販売する。100%リサイクルのビロード素材で作られたボーの価格は7.99ドル。売上の一部がアーバーデイ財団に寄付される。

Enchanted_Forest

「魔法の森のフェイスブック・アプリケーションとビロードのボーの購入を通じて、FedExチームメンバーとお客さま、さらにフェイスブックのコミュニティが、楽しく、簡単に、生息地の保全というFedExの重要な活動に参加できる」と、ミッチ・ジャクソン環境対策・サステナビリティ担当役員は語る。「弊社の環境保護活動を拡大してアーバーデイ財団と連携し、テキサスの焼失した森の回復を支援できるのは、弊社の印刷・発送・小売部門であるFedEx Officeの本部がダラスにあるという特別な背景もあり、とてもうれしい」

フェイスブックユーザーがFedEx Enchanted Forestで、テキサス州に木を1本「植える」には、数分しかかからない。それは約2千平方キロの森林を回復するために必要な10万本の木の1本として、2千トンの酸素の放出、雨水流出の削減、地下水および河川・湖沼・水流周辺の土地の保護に役立つ。

フェイスブックユーザーが参加するには、 FedExのフェイスブックページ にアクセスし、Enchanted Forestというタブの「plant a tree」をクリックする。バーチャル森林に入ったら、選んだ自分自身の画像をデジタルの木に貼る。木を植えた後、ユーザーは友人の木や FedEx EarthSmart計画 に関する情報を閲覧できる。

EarthSmart®は、責任ある方法で、うまくやりくりして、世界をつなぐというFedExのコミットメントを達成するための計画表である。EarthSmart計画の柱であるEarthSmart Outreachを通じ、FedExは全社的なサステナビリティ目標をチームメンバーとコミュニティに拡大する。例えば今年、すでに500人以上のFedExチームメンバーが、米国魚類野生生物財団と共同で実施するFedEx年次EarthSmart Outreachプログラムにボランティアとして参加し、790本の木と4,116株の植物を植え、約336キロのごみを環境から除去した。EarthSmartによる催しは4月以来、フィラデルフィア、ダラス、ピッツバーグ、インディアナポリス、ワシントンDC、ニュージャージー州ニューアーク、シアトル、コロラド州コロラド・スプリングズ、ロサンゼルス、テネシー州メンフィスで開催され、今後さらに別の場所でも開催を予定している。FedExはEarthSmart Outreachを通じ、発展途上世界でのサステナブルな輸送のためのソリューションを創造し、貴重な都市の生態系と危険な状態にある生態系を守り、商取引手段の利用と責任ある環境管理との間でバランスを取るための新たな方法を特定するために、社会事業としての投資を行っている。

FedExについて

FedEx Corp.(NYSE: FDX)は全世界の顧客と企業に、輸送、e-コマース、ビジネスの幅広いサービスを提供する。年商420億ドルの同社は、定評あるFedExブランドの下で集団として競争し、協調的に管理される運営会社を経営し、それらを通じて一体化したビジネス向けサービスを提供する。世界で最も尊敬され、信頼される雇用主の1社に常時ランクされ、FedExは30万人を超えるチームメンバーに対し、「絶対確実に」、安全性、最高水準の倫理的・職業的基準、顧客と社会のニーズを重視するよう奨励している。詳しい情報は news.fedex.com で閲覧できる。

アーバーデイ財団について

アーバーデイ財団 は100万人の会員を擁する自然保護と教育分野の非営利団体であり、木を植え、育て、賛美する意識を社会に広めることを使命とする。財団とそのプログラムに関して詳しくは、 arborday.org にアクセスするか、または FacebookTwitter 、または財団の blog を参照のこと。

写真/マルチメディア・ギャラリー
http://www.businesswire.com/cgi-bin/mmg.cgi?eid=50306473&lang=en

本コーナーはCSRコミュニケート(運営:株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス))、ビジネスワイヤのコラボレーションコンテンツです

Business Wire
ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイグループのビジネスワイヤはグローバルレベルで展開するニュースワイヤです。CSR関連、新製品・サービス情報から決算短信などのIR情報まで、幅広いジャンルのプレスリリースを約150カ国に配信しており、本コンテンツのオリジナル版提供元です。

このページの先頭へ