海外CSRリリースセレクト

海外CSRリリースセレクト記事

バックナンバー一覧

グリーンピース・スイスとベルン・デクラレーション(EvB):「パブリックアイ賞2014」記者会見への招待(2014/1/20)

基調講演者:トーマス・セドラチェク(Tomáš Sedláček)
日時:2014年1月23日(木)09:00
場所:Reformiertes Kirchgemeindehaus, Obere Strasse 12, 7270 Davos Platz

publiceye

チューリッヒ発 ―( ビジネスワイヤ )―報道関係者各位

ベルン・デクラレーション(EvB)とグリーンピースは2014年1月23日、世界経済フォーラム(WEF)年次総会開催中のダボスで、2014年パブリックアイ賞授賞式を開催する。パブリックアイ賞は、搾取、環境被害、汚染、人権侵害と闘うキャンペーンを繰り広げる全世界の市民社会と非政府団体の真の声と見なされている。グリーンピース・インターナショナルのクミ・ナイドゥ事務局長がピープル賞と審査員賞の受賞者を発表する。パブリックアイ・ピープル賞の一般投票は2014年1月22日まで、www.publiceye.chで受け付けている。

授賞式では、チェコ共和国最大の銀行のチーフエコノミスト、水平思考家、ヴァーツラフ・ハヴェルの元アドバイザー、トーマス・セドラチェクが、世界経済のグロテスクな側面がいまだに拡大し続けている理由、成長資本主義、悪魔的経済学について講演する。著書「The Economics of Good and Evil (善と悪の経済学)」は2012年のドイツ経済学書賞を受賞し、現在の経済システムに対し、哲学的であると同時に歴史的な分析を加えている。また、審査員賞受賞企業を推薦した団体の代表が、受賞企業を賞賛するスピーチを行う。

この記者会見への出席を希望する報道関係者は、下のアドレスまでEメールでお申し込みいただきたい。記者会見後、講演者やパブリックアイ代表のインタビューも可能。ただし、事前に手配されたインタビューを優先する。事例に関する詳細情報をウェブサイトに掲載した。記者会見に出席できない場合も、ウェブページwww.publiceye.chまたはツイッターの@PEAwardsで授賞式の様子をライブ放送するので、そちらをご覧いただきたい。

本コーナーはCSRコミュニケート(運営:株式会社YUIDEA(旧:株式会社シータス&ゼネラルプレス))、ビジネスワイヤのコラボレーションコンテンツです

Business Wire
ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイグループのビジネスワイヤはグローバルレベルで展開するニュースワイヤです。CSR関連、新製品・サービス情報から決算短信などのIR情報まで、幅広いジャンルのプレスリリースを約150カ国に配信しており、本コンテンツのオリジナル版提供元です。

このページの先頭へ