get('status') == 't'){ //会員データが削除されていないか確認 if($login->isMember($wpdb)){ //閲覧ログの発行 $login->log($wpdb,$_SERVER['REQUEST_URI']); }else{ //会員データが削除されている //ログインセッション及び自動ログインCookieの削除 LIB::delAutoLogin($wpdb); unset($_SESSION['login']); } } }else{ // ログインセッションが存在しない //ログインCookieによる自動ログイン $member_id = LIB::isAutoLogin($wpdb); if($member_id){ $login = new LOGIN($config); $result = $login->cookieLOGIN($wpdb,$member_id); if($result){ $login->login_count($wpdb); $_SESSION['login'] = serialize($login); }else{ //自動ログインCookieの削除 LIB::delAutoLogin($wpdb); } } // ログイン前提のページセッションがなければリダイレクト if(is_page(array(MEMBER_UNSUBSCRIBE,MEMBER_EDIT))){ header('Location: /'); } } ?> CSRコミュニケート » P&Gが温暖化ガス排出量の新たな30%削減目標を発表 » Print

- CSRコミュニケート - https://www.csr-communicate.com -

P&Gが温暖化ガス排出量の新たな30%削減目標を発表

海外CSRリリースセレクト | 2015/09/22

クライメート・セイバーズ・プログラムに参加し、気候対策での連携を強化

[1]

シンシナティ―(ビジネスワイヤ)―プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は本日、2020年までに同社施設からの温室効果ガス絶対排出量の30%削減を目指す新たな目標を発表しました。この目標は、世界自然保護基金(WWF)とのパートナーシップの下で設定されました。新目標は利用可能な最善の科学に基づいており、気候変動に影響を与える温室効果ガスの排出量を最小限にとどめるためのP&Gの継続的な取り組みが大きく前進します。

さらにP&Gは、リーダー企業による気候変動対策での連携とその加速を促すためのWWFのクライメート・セイバーズ・プログラムに参加します。

P&Gは、気候変動に関する政府間パネルによる最新の科学的研究結果を考慮して、30%の削減という意欲的な目標を掲げました。30%の削減により、P&Gは地球の気温上昇を摂氏2度未満に抑えるという国際的な取り組みに貢献できると同時に、企業が気候科学に合致した目標を設定するための科学的根拠に基づく方法論を踏襲することになります。

P&Gのグローバル・サステナビリティ担当バイスプレジデントのレン・サワーズは、次のように述べています。「気候変動は世界規模の問題であり、企業、政府、個人のすべてがそれぞれ果たすべき役割を持っています。科学的根拠に基づく高い目標を掲げ、気候変動による様々な課題の解決に向けて私たちの役割を果たすことが重要であると考えました。」

P&Gは新目標を設定し、気候変動対策を強化するため、WWFと連携しています。世界自然保護基金のプライベート・セクター・エンゲージメント担当シニア・バイスプレジデントのスザンヌ・アップルは、次のように述べています。「気候科学に根差した排出削減目標の設定でP&Gは世界をリードしています。これは極めて重要な取り組みであり、P&Gの温暖化ガス排出量の大幅な削減を促すだけでなく、他の企業にも対策を強化し、行動を起こすよう刺激を与えることになります。今回、P&Gが気候変動に対する革新的でコスト効率の高い解決策を追求している業界リーダーが参加するWWFのクライメート・セイバーズ・プログラムに加わることを大変うれしく思います。」

P&Gは、省エネを重視し、再生可能エネルギーの利用を拡大することにより新目標を達成する計画です。P&Gのグループ・プレジデントで、グローバル・サステナビリティのエグゼクティブ・スポンサーであるマーティン・ライアントは、次のように述べています。「私たちは、環境と当社の事業の双方に貢献するとの強い信念を持ってこの目標を定めました。省エネと再生可能エネルギーの利用拡大は、ガス排出量の削減につながるだけでなく、コストの削減と消費者に好まれるブランドとなるための革新的なソリューションの開発を促します。」


プロクター・アンド・ギャンブルについて

P&Gは、信頼される高品質のトップブランドからなる強力なポートフォリオで世界の消費者にサービスを提供しています。当社ブランドには、オールウェイズ、アンビピュア、アリエール、バウンティ、シャーミン、クレスト、ドーン、ダウニー、フェアリー、ファブリーズ、ゲイン、ジレット、ヘッド&ショルダーズ、レノア、オーレイ、オーラルB、パンパース、パンテーン、SK-II、タイド、ヴィックス、ウィスパーがあります。P&Gコミュニティーは、世界の約70カ国で事業を展開しています。P&Gとそのブランドについての最新ニュースと情報は、http://www.pg.com [2]をご覧ください。

P&Gのサステナビリティ目標の詳細については、こちら [3]をご覧ください。

クライメート・セイバーズ・プログラムの詳細については、こちら [4]をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

P&G Media Contact:
Julie deSylva, 513-780-0006
deSylva.j@pg.com [5]

(c)20_Business Wire, Inc. All Rights Reserved.


CSRコミュニケート: https://www.csr-communicate.com

ページのURL: https://www.csr-communicate.com/international-news/20150922/csr-29580

ページ中のURL

[1] 画像: https://mms.businesswire.com/media/20150916005934/en/278671/4/PG_logo_dark_blue.jpg

[2] http://www.pg.com: http://cts.businesswire.com/ct/CT?id=smartlink&url=http%3A%2F%2Fwww.pg.com%2F&esheet=51182174&newsitemid=20150921005848&lan=ja-JP&anchor=http%3A%2F%2Fwww.pg.com&index=1&md5=4db4f6bfed64ae6e353a6ae66bde041d

[3] こちら: http://cts.businesswire.com/ct/CT?id=smartlink&url=http%3A%2F%2Fwww.pg.com%2Fen_US%2Fsustainability%2Findex.shtml&esheet=51182174&newsitemid=20150921005848&lan=ja-JP&anchor=%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89&index=2&md5=85aee587d85ba62dff31adf6c45ad035

[4] こちら: http://cts.businesswire.com/ct/CT?id=smartlink&url=http%3A%2F%2Fclimatesavers.org%2F&esheet=51182174&newsitemid=20150921005848&lan=ja-JP&anchor=%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89&index=3&md5=683d3018a380eb7a3b8bb0d777e4ce86

[5] deSylva.j@pg.com: mailto:deSylva.j@pg.com

Copyright © 2009-2011 CSRコミュニケート. All rights reserved.