レポート事例

更新情報

  • 2021/08/18

    ステークホルダーキャピタリズムの測定

  • 2021/04/26

    サステナブル・ブランド国際会議2021より。サステナビリティを経営に組み込むポイント。

レポート事例一覧

  • 2014/12/12

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    CSR活動の個別評価を、取り組み全体の改善につなげている事例

    CSRに取り組む企業は、目標を立て(Plan)、実際に取り組み(Do)、活動を評価し(Check)、次年度の改善を図っています(Act)が、その多くは各取組みの実績評価にとどまっています。項目ごとに評価するだけでなく総合的に分析を行い、CSR活動全体の改善に結びつけることで、効果的に活動を改善できる可能性があります。今回はCSR活動の評価結果を、活動全体の改善につなげている事例をご紹介します。

    さらに詳しく

  • 2014/12/03

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    統合報告書とCSRレポートを併用している事例(2)

    統合報告書を作成する企業は増えていますが、幅広いステークホルダーからの情報ニーズを満たすため、統合報告書だけでなく、CSRレポートなどで開示情報をカバーしている企業も見られます。今回は2014年度版から統合報告書を作成している中から、CSRレポートを併用している事例をご紹介します。

    さらに詳しく

  • 2014/11/27

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    2014年度版レポート~KPIの策定について記載している事例

    CSRの目標を策定して、実績を公表するだけでなく、その達成度を測定するためのKPI(重要評価指標)を策定することで、どの程度進捗しているのかが見えるようになります。自社の取り組みに合った指標を策定するためのプロセスを開示している事例をご紹介します。

    さらに詳しく

  • 2014/11/14

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    2014年度版レポート~生物多様性について記載している事例

    社会と企業が持続的に発展していくためには、安定的な原料の調達や操業地の環境保全が欠かせません。今回は、環境の分野について中長期目標を策定している企業の多くが目標に含めている「生物多様性」についての記載事例をご紹介します。

    さらに詳しく

  • 2014/11/07

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    2014年度版レポート~共有価値の創出(CSV)について記載している事例

    マイケル E・ポーターによって「共有価値の創出(CSV)」が提唱されて以来、CSRレポートなどを通じて、社会的課題の解決や、社会的価値を創出することで経済的価値を創出する取り組みを開示する企業が見られます。 今回はこのようなCSVについての取り組みを開示している事例をご紹介します。

    さらに詳しく

  • 2014/10/31

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    統合報告書とCSRレポートを併用している事例

    統合報告書を作成する企業は増えていますが、従来のCSRレポートよりも統合報告書に掲載するCSR情報は分量が限られてしまいます。そこで、統合報告書では対応しきれないステークホルダーからの情報ニーズを満たすため、統合報告書だけでなく、CSRレポートなどで開示情報をカバーしている企業も見られます。

    さらに詳しく

  • 2014/10/22

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    2014年度に重点課題を見直した事例

    GRIガイドライン第3版では「報告書中の情報は経済・環境・社会へ重要な影響を及ぼすテーマや、ステークホルダーの評価・意思決定に影響を及ぼすであろうテーマを網羅すべきである」という重要性の原則が明記されました。2013年に公開された第4版では、その特定プロセスの開示が準拠の要件となりました。重要課題は、外部環境に応じて変わっていきます。ここでは、2014年度に見直しを行った事例を紹介します。

    さらに詳しく

  • 2014/10/20

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    2014年度にCSRレポートから統合報告書に移行した事例(2)

    2013年12月にIIRCから国際統合報告フレームワークが正式に発行されて以降、統合報告書の発行は劇的にとはいえませんが着実に増えています。前回に引き続き、冊子での情報開示・コミュニケーションをCSRレポートから統合報告書に移行した事例をご紹介します。

    さらに詳しく

  • 2014/10/09

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    2014年度にCSRレポートから統合報告書に移行した事例(1)

    IIRCの国際統合報告フレームワークの発行に代表されるように、ステークホルダーからの情報開示ニーズの多様化を踏まえ、各企業は自らに合った効果的なコミュニケーション方法やCSR・非財務情報の開示方法を模索しています。開示方法にはHTML、PDF、冊子などの媒体がありますが、冊子についてCSRレポートから統合報告書に移行した事例をご紹介します。

    さらに詳しく

  • 2014/10/03

    [CSRコミュニケーション展開事例]

    2014年度版CSRレポート~価値創造プロセスの掲載~

    IIRCの国際統合報告フレームワークでは、その基礎概念として「価値創造プロセス」が示されています。これは統合報告のメインターゲットである財務資本の提供者に限らず、あらゆるステークホルダーに影響を及ぼす重要な情報といえます。この「価値創造プロセス」を、統合報告書ではなくCSR(サステナビリティレポート)で掲載している事例をご紹介します。

    さらに詳しく

このページの先頭へ