CSRコミュニケートからのお知らせ

CSRコミュニケートからのお知らせ

バックナンバー一覧

ターゲットごとの行動を分析し、 ユーザーに最適なサイトへ改善
YUIDEA式 CSRサイト分析サービス

こんなお悩み、ありませんか?

ユーザーに選ばれるサイトをつくりたい。が…ユーザーの行動があまりに分かりにくい

  • Googleアナリティクスの属性(性・年代…)では、投資家や取引先、お客様、求職者…といったユーザーごとでの行動パターンは見えない
  • そのため、どう改善したらよいかの把握や、定点観測しPDCAをまわすことが難しい
  • どのようなコンテンツを追加するとよいかを調査・検討したいが、時間がない
  • 各ターゲットにとって必要なコンテンツにすぐたどり着くようにしたいが、検討が困難…



イメージ

ターゲットユーザーが「自社サイトでどのような行動をしているか」は、Webサイトを改善する際に確認すべき重要な要素となります。

・見たいコンテンツに適切に誘導できているか
・見せたいコンテンツを見てもらえているか

ユーザー動線が適切であることによりWebサイトのコンテンツが生かされ、サイト価値の向上につながると考えられます。


ターゲットユーザー別 サイト構築のポイント
主に評価機関・機関投資家
ステークホルダー全般
サイトの目的
  • 評価機関の高い評価
  • 安定した資金調達
  • ステークホルダーとの良好な関係構築
  • 望ましい認知の獲得(ブランディング)と行動促進
目的達成に重要なこと
  • 評価機関等のニーズに対応する
  • ニーズに対応できているかわからない
  • 目的とする情報にたどり着きやすい
  • デザイン性が高く見やすい
課題の例
  • 評価機関のニーズが把握できていない
  • 重要な情報を網羅している
  • ステークホルダーのニーズが把握できていない
  • 目的の情報にたどり着けているかわからない
ターゲットによる主なアクセス方法
  • Bot※
  • 検索、サイト回遊
サイト構築に必要な思考
  • 論理性
  • 論理性+感情

※特定の命令に従って自動的に作業を行う自動化プログラム。検索エンジンがWebサイトの情報を自動で収集するために使用するクローラーや、TwitterなどのSNSに自動的に投稿するプログラムなど。

イメージ

YUIDEAでは各ユーザーのジョブを特定。
ユーザーごとの行動を明らかにし、サイト改善の指針を提示します!

YUIDEA式 CSRサイト分析サービス

展開ステップ

ヒアリング事項に応じて貴社課題の解決につながる
分析サービスをご提案いたします

調査・分析例
アンケート調査

対象となるユーザーに向けたアンケートの企画設計~実行~集計~レポートまで、一貫した支援でユーザーがCSRサイトに持つイメージを言語化します。

ユーザビリティ/ユーザー調査

対象となるユーザーに貴社Webサイトを実際に触ってもらい、ユーザーが利用するうえで使いにくいと感じる課題点を洗い出します。

コンテンツ調査

ベンチマーク企業を設定し、比較調査した上で、現状のホームページとのギャップを分析し、改善の方向性を提示します。

アクセス解析

Googleアナリティクスを用いたセグメント設定ならびにサイトアクセス状況の分析で、ユーザーごとのアクセス状況を報告します。

ヒートマップ分析

解析ツールを用いてサイト訪問ユーザーが対象ページ内でどこに注目しているかを分析し、コンテンツが読まれているかを可視化します。

ヒューリスティック分析

ユーザビリティの専門家、有識者が原則に基づき分析し、貴社Webサイトのインターフェース上の課題点を抽出します。

※ご予算に応じて設計いたします。

詳細説明をご希望の方は、お気軽にこちらまでお問合せ下さい。

株式会社YUIDEA カスタマーサクセスチーム dxg-cs@yuidea.co.jp

お問い合わせフォーム:こちらから

【関連サービス】
ESG評価機関対応 支援サービスのご案内


イメージ

このページの先頭へ