CSRコミュニケーションQ&A

CSRコミュニケーション・実践編

ステークホルダーとの「対話」にはどのようなものがありますか?

厳密に決められた定義はありませんが、英国の非営利団体であるAccountAability社の『ステークホルダー・エンゲージメント・マニュアル』では、フォーラム、諮問委員会(パネル)、リーダーサミット、ネットでの意見交換などがあげられています。
現在発行されている日本のCSR報告書では、トップや管理職と有識者との対談、有識者との意見交換会開催、従業員同士の座談会などが掲載されており、幅広い解釈がなされているといえます。

イメージ

Q&Aページ内を検索する

全記事一覧

質問を投稿する


関連するページ

このページの先頭へ