CSRコミュニケーションQ&A

CSRレポート・実践編

CSRレポートの有効な活用方法を教えてください。

CSRレポート/環境報告書発行の目的として「説明責任」や「コミュニケーション」があり、情報開示の文書であると同時にステークホルダーとのコミュニケーションを図る最も基本的なツールとしての性格も持っています。こうしたコミュニケーション・ツールとしての活用方法として「社外」「社内」の2つの場所が考えられます。

社外での活用方法としては、取引先への営業ツールやリクルート活動における採用ツールとして利用されています。また、株主総会や各種イベントでの配布、店舗での配布・設置、図書館への寄贈を行うこともあります。

社内での活用方法としては、CSRや環境についての啓発・浸透のためにCSRレポートが活用されています。「レポートを読む会」の開催や社員研修時の教材として、あるいは社内イントラでの情報共有やeラーニングシステムにおいて、レポートの内容を活用する方法などです。また、ステークホルダーミーティングの開催を通じて社内への啓発を行ったり、CSRレポート制作過程でより多くの社員に参加してもらうことで社内での普及浸透を図っている企業もあります。

情報を伝えたいステークホルダーごとに、ダイジェスト版、ビジョンブック、パンフレットなど、ツールを使い分ける工夫をする企業も増えています。また、配布代行サービスを利用することで効率よく社外へ配布することができます。

イメージ

Q&Aページ内を検索する

全記事一覧

質問を投稿する


このページの先頭へ