ESG評価機関紹介

Sustainalytics ESG Ratings(サステナリティクス)

名称

Sustainalytics ESG Ratings(サステナリティクス)

関連URL

https://www.sustainalytics.com/esg-ratings/

評価対象企業

レイティング開始時には9,000社、2019年には11,000社に拡大予定

評価公表時期

年1回評価するが、評価結果は公開されない

概要

  • 1992年、現在のサステナリティクス社CEOであるMichael C. Jantzi 氏がESG調査会社「Jantzi Research」を設立。その後2009年に「サステナリティクス」に改称。
  • サステナリティクスはオランダに本社を置くESGリサーチや評価を行う企業で、その評価はSTOXXやモーニングスターの株価指数作成に活用されている。
  • UNGC10原則への取組み度合やESG活動に基づいた着実な事業採算性といった選定基準をもとに、世界のUNGC署名企業約8,000社の中から100社が構成銘柄として選定される「GC100」の調査にもかかわっている。

評価方法

イメージ

  • 総合的には「どの程度リスクにさらされているか(Total Exposure)」「どの程度リスクを管理できているか(Managed Risk)」「管理可能にもかかわらず管理できていないリスクはどの程度か(Management Gap)」等を評価して「ESG Risk Rating」を算出。
  • 企業業績に重大なリスクをもたらすESG課題にフォーカスしおり、「コーポレートガバナンス」「重大なESG課題」「産業特有の課題」という3側面で評価される。評価項目は40程度。
  • 評価項目ごとのポイントも付与されるため、投資家などの情報利用者は総合評価だけでなく、項目別でも企業間比較が可能。
  • リスクレベルは5つ(無視できる低さ、低、中、高、重大)に分類され、評価結果は0〜100のポイントで表される。100が最も深刻。
リスクレベル スコア
重大 40-100
30-40
20-30
10-20
無視できる低さ 0-10
  • 年次更新の際、企業側は2週間内にドラフト版をレビューし、必要に応じて追加情報を提供することができる。2週間を超えてフィードバックがない場合は評価レポートはそのまま発行される。

【YUIDEA サービスのご紹介】
ESG評価機関対応でお困りのことがありましたら、YUIDEAにご相談ください。

このページの先頭へ