get('status') == 't'){ //会員データが削除されていないか確認 if($login -> isMember($wpdb)){ //閲覧ログの発行 $login -> log($wpdb,$_SERVER['REQUEST_URI']); }else{ //会員データが削除されている //ログインセッション及び自動ログインCookieの削除 LIB::delAutoLogin($wpdb); unset($_SESSION['login']); } } }else{ // ログインセッションが存在しない //ログインCookieによる自動ログイン $member_id = LIB::isAutoLogin($wpdb); if($member_id){ $login = new LOGIN($config); $result = $login->cookieLOGIN($wpdb,$member_id); if($result){ $login->login_count($wpdb); $_SESSION['login'] = serialize($login); }else{ //自動ログインCookieの削除 LIB::delAutoLogin($wpdb); } } // ログイン前提のページセッションがなければリダイレクト if(is_page(array(MEMBER_UNSUBSCRIBE,MEMBER_EDIT))){ header('Location: /'); } } */ ?> CSRコミュニケート » ダイジェスト » Print

- CSRコミュニケート - https://www.csr-communicate.com -

ダイジェスト

2009/11/24

ダイジェスト

環境報告書からCSRレポートへ ~進化する報告書 3年の軌跡ダイジェスト~

※報告書発行企業の増加に伴い、年度によって調査企業数が異なっていることをご了承下さい。

2003年度調査企業数
285社
2004年度調査企業数
301社
2005年度調査企業数
426社

1. 報告書のタイトルの変化

CSRの関心の高まりに伴い、環境報告に加え、社会性報告を加えた社会環境報告書、サステナビリティ・レポート、CSRレポートが増えている。

2. ページ数の変化

環境報告に加え、社会性報告を掲載するようになったため、ページ数は増加傾向にある。

3. 環境省ガイドライン

環境省の「環境報告書ガイドライン」が2000年度に発表されて以来、ガイドラインに「準拠・参考・参照した」とする企業は年々増加する。

4. GRIガイドライン

「経済」「環境」「社会」の3つの分野についての報告を奨励する「GRIガイドライン」を「参考・参照した」とする企業は年々増加している。

5. コンプライアンスの記載

CSRの関心の高まりに伴い、コンプライアンス(遵法)について記載する企業は増加傾向にある。

6. 第三者レビューの実施

報告書の記載内容の信頼性担保のため、監査法人による第三者審査、大学教授やNGO・NPOなどの有識者による第三者意見を受ける企業は徐々に増えてきている。


CSRコミュニケート: https://www.csr-communicate.com

ページのURL: https://www.csr-communicate.com/report/2005/digest

Copyright © 2009-2011 CSRコミュニケート. All rights reserved.